banner

革財布の材質

革財布の材質について


革財布の材質には様々なものがあります。色々なものがあるので、自分の好みのものを探し出し、選ぶことが出来るのです。良い財布を選ぶためには、必ず店頭で見てさわって、感触などを確かめる必要があります。では、革財布にはどのような材質のものがあるのでしょうか。
革財布でよく使われているものは牛革です。しかし、牛革の中にも色々な種類があります。まだ出生していない胎児の毛皮を使ったハラコと呼ばれる子牛革は、とても薄くて良質なものです。しかし、流通はとても少ないため希少なものと言えるでしょう。

生後6ヶ月ぐらいの子牛の革はカーフスキンと呼ばれます。薄くてしなやかで、牛革の中で最もキメが細かいものです。キズも少ないです。生後6ヶ月から2年程度の牛からとれる革は、キップスキンと呼ばれます。カーフスキンよりはキメが粗いですが、厚みがあるのでとても強いです。生後2年以上で出産をしていない雌牛の革はカルビン・ハイドと呼ばれ、成牛の革の中では最も上質なものです。
生後2年以上で出産経験がある雌牛の革はカウ・ハイドと呼びます。厚みがあり柔らかで、丈夫です。生後3ヶ月から6ヶ月の間に去勢した雄牛で、生後2年以上たったものをステア・ハイドと呼びます。厚くて強い革であることが特徴です。生後3年以上で去勢されていない牛の革をブル・ハイドと呼びます。キメが粗く、厚めで丈夫ですが、キズが沢山あります。

水牛革は使っていくうちに艶が出てきます。斜めにシワが出ているので見分ける事が出来ます。豚革は摩擦に強く、通気性がとてもよいです。革の表面に毛穴が3つずつ並んでいることで見分けることが出来ます。

馬の革は牛の革より薄くて軽く、使っていてもシワになりにくいです。山羊の革は摩擦に強く薄いのですが、とても丈夫です。加工することでガラスのような光沢が出ます。仔山羊革も薄くて丈夫ですが、山羊革よりもキメが細かくて柔らかいです。クロコダイルはとても人気がある材質で、美しい鱗模様が特徴です。鱗の大きさでスモールクロコ、ラージクロコに分けられ、綺麗に鱗が揃ったスモールウロコは最高級品です。アリゲーターもクロコダイルと同じ鰐革で、美しい鱗模様が人気です。

このように、革財布の材質には様々なものがあります。見た目も手触りも違いますので、革財布を購入したいと思った時は、店頭でしっかりと確かめてから、自分の好みのものを選んで購入するようにしましょう。

Copyright(c) 2014 財布について学ぼうAll Rights Reserved.