banner

丈夫な財布を選ぶ方法

丈夫な財布を選ぶには


財布は、私たちの経済活動に欠かすことの出来ないアイテムです。毎日のように外の持ち歩き、それを使って物を買ったり、支払いをするのです。もしこのアイテムがなければ、何かビニール袋に貨幣やお札を入れたり、洋服のポケットなどに入れて持ち歩かなければならず、紛失の原因ともなります。このアイテムがあることで自分のお金をきちんと自己管理でき、持ち運びも簡単になっているのです。しかし貨幣とは非常に硬いものであり、毎日出し入れすることで財布の内側のあて布などはすぐに破れたり、傷がつきがちです。またお札などもデリケートな紙製であり、水や液体物に弱い特徴があり、収納方法を間違うと破れたりもするのです。そのため財布は貨幣や紙幣を大事に保管でき、なおかつ丈夫で耐久性に優れるものを選ばなければいけません。牛革やオーストリッチ、クロコダイルといった高級皮革でできたものを選ぶと、外部からの刺激や衝撃から守り大事にお金を保管することができます。特に貨幣を入れる部分の内布は、綿素材ではなく、貨幣の衝撃にも耐えうるパラシュート生地などでできたものを購入すると破れや傷があまりつかず、財布を長持ちさせることができます。牛革やオーストリッチ、クロコダイル製のものは高級すぎて、革に傷がつくのが恐ろしく使うのに勇気がいるものです。しかし、傷などを防止するコーティング加工が施されたものを購入すると、比較的長く無傷で使い続けることができます。また男性は財布をズボンの後ろポケットに入れて持ち運ぶことが多いものです。しかしこうした持ち運びをすると、人体からの皮脂や汗、外部からの雨などにさらされ、磨耗しやすくなるのです。そのため財布に防水防臭加工されたものを購入し使うのも、長持ちさせる秘訣といえるでしょう。しかしこうした機能が備わると非常に高価な財布になってしまいます。そのため素材をパラシュート生地などに用いられるナイロン生地のものを選んで使うのも賢明です。パラシュート生地はその性質上、よほどのことがない限り破れたり傷がつくことはありません。またナイロンであれば汗や水などを撥水するので、財布の中身が濡れてお札に影響を与えることはありません。ナイロン地であればカビなどが生えにくく、臭いなど吸着も最小限に抑えられ衛生的に使うことができます。また手入れも柔らかいタオルなどで乾拭きすれば充分汚れも取れて長く使うことが出来るのです。

Copyright(c) 2014 財布について学ぼうAll Rights Reserved.